生活

パナソニックのビストロとヘルシオを比較【僕はビストロを選びました。】

悩んでいる人
パナソニックのビストロとヘルシオで迷っているんだけど、どっちがおすすめ?

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • パナソニックビストロを買うとできること
  • ヘルシオを買うとできること
  • 僕はビストロを選びました

 

僕は2020年7月にビストロを購入しました。

「自炊はしたいけど手間がかかる。だから料理の手間を減らしたい」という理由で、パナソニックのビストロとヘルシオを検討。

 

ネットで調べ、家電量販店に行き、最終的にビストロを選択しました。

大きな理由は、ワンボウルメニューが豊富だということ。

 

ヘルシオの、料理をヘルシーにする(詳しくは後述)というメリットにも惹かれました。

しかし、僕の目的は料理の手間を減らすことなので、ワンボウルメニューが豊富なビストロに決めました。

 

僕のように、ビストロとヘルシオで迷っている方に向けて、この2つの違いを比較していきたいと思います。

 

ビストロを買うとできること

大見出し1

パナソニックビストロを買うと何ができるのか、紹介していきます。

 

10分でカレーができる

作業時間たったの10分でカレーが作れます。

 

手順は、肉と野菜を切って、水とルーを一緒にボウルに入れるだけ。

たったこれだけで、あとはスイッチを押せばカレーができちゃいます。

 

カレーって炒めたり、煮込み時間が長かったりでわりと手間がかかりますよね。

僕はカレーを鍋で作ると、1時間近くかかっていたので、ものすごく時短になりました。

 

まさにビストロ様様です。

 

ビストロは温度管理センサーがすごい

ビストロには「高精細・64眼スピードセンサー」と呼ばれるセンサーがついています。

 

何がすごいのかというと、ワンボウルメニューで、とろみのこびりつきを防ぎ、ふきこぼれを抑えてくれるんです。

 

なので、下記のような様々な料理がワンボウルで作れます。

  • パスタ
  • シチュー
  • フレンチ
  • 中華
  • 煮物 など

 

僕も回鍋肉を作ってみました。

材料を切って、調味料を入れるだけ、あとはビストロにおまかせです。

 

ビストロは、手間を減らして簡単にワンボウルで作れるメニューが豊富です。

 

こんな人におすすめ

ビストロは下記のような人におすすめです。

  • とにかく手間を減らしたい
  • 料理の時間を短くしたい

なるべく料理をしたくない独身の方や、共働きで忙しい家庭にピッタリです。

 

ビストロの魅力はやはりワンボウルメニューが豊富なこと。

 

材料を切ってボウルに入れてスイッチを押すだけ、という簡単な作業でおいしい料理ができる。

 

さらに、ビストロは火力が強いので、調理時間そのものの短縮にもなります。

トーストは6分20秒ほどで焼けました。

しっかり焼けていますね。

 

料理の手間を減らすならビストロです。

 

ヘルシオを買うとできること

大見出し2

ヘルシオを買うと何ができるのか、紹介していきます。

 

ヘルシーな料理ができる

ヘルシオは食材の減塩・脱油ができます。

 

なので、ヘルシーな料理を作ることが可能になります。

 

なぜそれができるのか?

それは、ヘルシオは基本的に過熱水蒸気だけで調理をしているからです。

 

細かい説明は公式サイトで見てほしいのですが、「水のチカラ」だけで加熱を行うと、食材の塩分や脂を落としてくれるそうです。

 

ヘルシオと同等の加熱性能を持った機種との比較で、鶏のから揚げのカロリー約87kcalダウン、鮭の塩焼きの塩分が約8倍落ちるなど、健康効果が示されています。

 

ビストロなど他の過熱水蒸気オーブンでにはない、ヘルシオ独自の技術です。

 

ヘルシーな料理ができるのがヘルシオです。

 

こんな人におすすめ

ヘルシオは下記のような人におすすめです。

  • 肉や揚げ物などの脂が気になる人
  • 塩分が気になる人

 

僕も普段から、塩分の取り過ぎには注意しています。

なので、ヘルシオにはかなり惹かれました。

 

健康志向の方や、家族の体調に気を使う方ならヘルシオを選ぶのがベターです。

 

僕はビストロを選びました

大見出し3

比較の結果、僕はビストロを選択。

理由は下記の通りです。

 

決め手はワンボウルメニューが豊富なこと

つまり、時短レシピが豊富だということです。

 

僕がビストロとヘルシオを検討したのは、「自炊はしたいけど手間がかかる。だから料理の手間を減らしたい。」という理由からでした。

 

というのも、工場勤務で毎日残業が多く、「帰ってから料理をして、ご飯を食べる」という流れが、時間がかかって面倒だと感じていました。

 

なので、健康志向のヘルシオよりも、とにかく時短レシピ、ワンボウルメニューが豊富なビストロを選びました。

 

どちらを買っても損しない

僕はビストロを選びましたが、結局どちらを選んでも損はしないと思います。

 

上記で述べた大きな違いはあるものの、共通して「家事を楽にすること」は可能です。

 

例えば、焼く、炒める、蒸すといった機能は共通しています。

 

ビストロもヘルシオも、焼きそばや温泉卵なんかもできます。

 

家電の進化は早いです。なので、ビストロ・ヘルシオなどのライバルがどんどん新しい機能を追加して、切磋琢磨していきます。

 

多少の機能の差はあれど、共通して「家事を楽にすること」ができるので、どちらを買っても損をするということはないはずです。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-生活

Copyright© hiratomiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.