仕事 工場勤務

工場勤務は楽なの?きついの?【工場勤務歴9年の僕が解説】

悩んでいる人
工場勤務は楽なの?リアルな話が聞きたい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 工場勤務はぶっちゃけ楽です
  • 工場勤務の注意点
  • 工場勤務に向いている人・向いていない人

 

過去の僕は高校卒業後、スーパーでアルバイトとして働いていました。

しかし、接客業のつらさ、客のクレーム対応に耐えかねて、工場勤務を選びました。

今回は、過去の僕のように接客業で疲れた方や、黙々と作業を続けたいという方のためにこの記事を書きました。

それでは早速、本題に入っていきます。

 

工場勤務はぶっちゃけ楽です

大見出し1

結論:工場勤務はぶっちゃけ楽です。

その理由を説明していきます。

 

理由①:慣れるとルーティンワークになる

工場勤務は基本、毎日同じ作業の繰り返しです。

なので、一度慣れたら後はルーティンワーク。

頭を使うこともそんなにありません。

 

僕自身、初めて工場勤務をする前は不安でした。しかし、毎日変わらない作業なので、だんだん慣れていきます。

工場勤務は慣れれば楽になっていきます。

 

理由②:直接クレーマーと接することがない

サービス業と違って、客との直接のやり取りがありません。

なので、クレーマーとも接することがないです。

僕がスーパーでアルバイトをしていた時は、夜に変な客に絡まれたり、直接クレーマーに怒られたりしました。

当時はまだ20歳前後だったので、メンタル的にきつかったです。

 

工場勤務なら、そういう煩わしさもありません。

 

理由③:サービス残業が少ない

工場勤務では、残業代がちゃんと付くところが多いです。

その分給料もしっかりアップ。

 

比べて営業の仕事って、サービス残業が多いイメージですよね。

僕が働いていた前の会社では、営業さんが毎日忙しそうに働き、サービス残業もしていました。

僕の個人的な意見ですが、「大変そう、営業にはなりたくない」と思っています。

 

もちろん、営業の仕事はやりがいがあると思います。

ただ、サービス残業が少ないという点では、工場勤務は楽です。

 

工場勤務の注意点

大見出し2

工場勤務の注意点を紹介していきます。

 

パワハラ上司に注意

パワハラ上司には注意です。

工場は、毎日同じ空間、同じ人と作業をします。

なので、運悪く、パワハラ上司に目を付けられると、その人間関係がずっと続いてしまいます。

過去の僕は上司とそりが合わず、自殺を考えるほど追い詰められてしまいました。

なので、別の会社へ転職。今は、人間関係は良好です。

 

みんなが『半沢直樹』のように強い人間ではないはずです。

パワハラ上司に出会った場合の対処法については、こちらの記事をどうぞ。

仕事のストレスがつらくてもう辞めたい【逃げても問題ありません】

続きを見る

 

管理職になると楽じゃない

当たり前かもしれませんが、出世したら、頭を使わないルーティンワークなんてことはなくなります。

製造予定を組む、人員を配置するなど、仕事も増えます。

僕自身は現在、副工場長なので、工場長ほど大変ではないです。

工場長を見ていると毎日の忙しさだけでなく、上からのプレッシャーがつらそうで、ぶっちゃけ工場長にはなりたくないです。

 

出世しないうちはただのルーティンかもしれませんが、管理職になると楽ではないです。

 

気を抜くとケガをする

工場勤務には危険が伴います。

気を抜いたり、誤った行動をするとケガをします。

 

僕は一度経験しました。

装着しなければいけない装備品を、装着せずに作業を行い。ケガをしました。

ケガ自体は大したことなかったです。

ただ、労災になり恥ずかしさと申し訳なさの気持ちでいっぱいでした。

 

工場は安全第一です。ケガには気を付けてください

 

工場勤務に向いている人・向いていない人

大見出し3

工場勤務に向いている人・向いていない人はどんな人なのか?紹介していきます。

 

工場勤務に向いている人

工場勤務に向いている人を3つ紹介します。

 

コツコツと作業を続けられる人

工場では単調な作業が多いので、毎日コツコツと作業するのが好きな人には向いています。

 

飽きっぽくない・凝り性の人

毎日同じような作業でも、飽きずに続けられる人なら問題ありません。

 

黙々と作業をするのが好きな人

工場での作業中は、基本的にしゃべらないので、黙々と作業を続けられる人にはおすすめです。

僕はしゃべるのが得意ではないので、接客業から工場勤務に転職しました。

 

工場勤務に向いていない人

工場勤務に向いていない人を3つ紹介します。

 

仕事にやりがいを求める人

単調な作業を続けるのが苦手で、成果・やりがいを求める人には不向きです。

営業職やサービス業のように、成果がダイレクトに返ってきたり、お客さんの反応を求めるなら、工場勤務はおすすめしません。

 

飽きっぽい性格の人

毎日同じような作業の繰り返しなので、飽きっぽい性格の人には不向きです。

単調な作業なので、時間が経つのが遅く感じてしまうかもしれません。

 

人と会話するのが好きな人

先ほども述べたように、作業中は基本しゃべりません。

ちゃんと会話するのは休憩中くらいです。

 

現在はコロナ禍で、余計に会話も少なくなっています。

会話が好き・仕事中も人と会話をしたいという人には、工場勤務は不向きです。

 

まとめ

まとめ

 

以上で工場勤務のリアルな現状の話は終わりです。

まとめると、僕の意見としては、工場勤務は楽です。

 

楽な理由は以下の3つ。

  • 慣れるとルーティンワークになる
  • 直接クレーマーと接することがない
  • サービス残業が少ない

 

過去の僕のように、接客業で消耗しているなら、工場勤務の転職を考えてみてください。

今回は以上です。

 

スポンサーリンク

-仕事, 工場勤務

Copyright© hiratomiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.