仕事 工場勤務

工場勤務を一生続けるのってどうなの?【リスクが大きいです】

悩んでいる人
今は工場勤務だけど、このまま一生続けていいのかな?将来的に不安。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 工場勤務を一生続けるのってどうなの?
  • 今、自分は何をするべきか?

 

この記事を書いている僕は、工場勤務歴9年です。

現在は退職を決め、プログラミングを学ぶことを決意しました。

 

「このまま一生単純作業を繰り返していていいのか?」「10年後、20年後自分はどうなっているのか?」

僕は、日々の工場勤務に対して様々な不安を感じ、そのように行動しました。

 

こういった工場勤務を一生続けていくことへの不安や、対策について、工場勤務の経験から語っていきます。

 

工場勤務を一生続けるのってどうなの?

大見出し1

結論から言うと、工場勤務を一生続けるのはリスクがあります。

それは以下の3つです。

  • 健康のリスク
  • 将来性のリスク
  • スキルが身につかない

 

詳しく解説していきます。

 

健康のリスク

 

工場勤務は自らの健康にとっていいとは言えません。

全ての工場が健康に悪いというわけではありませんが、多くの工場が当てはまると思います。

 

なぜなら日本の工場は、ほとんどが中小工場と呼ばれる働く人が少ない工場で、その多くは環境の良くない状態だからです。

それに、自分より重いものを持ったり、同じ作業を続けることで、身体の負担が大きくなります。

 

僕が経験してきた工場では、煙を日常的に吸っていたり、重いものを扱うのが当たり前でした。

重いものを扱う分、筋肉は付くという感覚はありますが、健康にいいと思ったことはないです。

正直しんどいです。

 

「このしんどい作業を何十年も続けていくことができるか?」

というと、不安しかないですよね。

 

自分の身体を大切にしたいと思うなら、工場勤務には健康のリスクがあることを覚えておいてください。

 

将来性のリスク

 

工場勤務を続けるのは将来的にリスクがあります。

単純作業が多い工場では、産業ロボットやAIなどの導入により、自動化されていくからです。

 

実際に、サラダクラブ株式会社ではカット野菜の製造の自動化、アイリスオーヤマの「つくば工場」では工場ラインの自動化がすでに行われています。

自動化は、僕の経験してきた工場にも導入できそうだと思いました。

単純作業が多いので、そう遠くない未来に実現する可能性があります。

 

工場の自動化が進めば、人員削減も当然行われていくはず。

なので、工場勤務を一生続けるのは、工場の将来的にリスクが大きいです。

 

スキルが身につかない

 

工場勤務では、スキルが身につかないので、自己成長もないです。

日本で工場勤務をしていても、単純作業の繰り返しなので、英語力は付きませんし、ITスキルも身につきません。

 

例えば、僕が働いていた工場では、食品製造の機械の取り扱いや製造技術の向上に努めていました。

その会社で働くための技術は確実に向上していったと思います。

しかし、その技術を他の場所、違う分野で使えるわけではありません。

 

工場勤務以外の仕事で身につけられるスキルというと

  • 営業スキル
  • ライティングスキル
  • マーケティングスキル

こういったスキルを仕事で身に付けていけば、他の会社や分野でも応用していくことができます。

 

ずっと工場勤務を続けていても、自分の価値は上がらないかもしれません。

しかし、スキルを身に付けることで、自分の市場価値を高められるのです。

 

今、自分は何をするべきか?

大見出し2

 

上で挙げた3つのリスクに対して、「自分はどう行動するべきか」を解説していきます。

 

副業を始める

 

まずは副業を始めてみるのが一つの手です。

本業の工場勤務だけを一生続けるよりも、リスクヘッジになるはず。

 

例えば、ブログ運営やクラウドソーシングなどは簡単に始められます。

 

僕は副業としてブログ始めました。今はブログからの収入は出ていませんが、本業以外での収入を得るために続けています。

2018年には、大企業も副業を解禁し、副業を始める人も増えてきています。

 

副業が伸びて本業になることも考えられますし、まずは簡単なものから始めてみましょう。

 

ちなみに2018年1月からブログを本格的に始め、2020年5月にはブロガーとして独立したTsuzukiさんは「ブログアフィリエイト」をおすすめしています。

詳しくはTsuzukiさんのブログ記事【2020年】副業アフィリエイトがオススメな理由を解説する【メリット3つ】を参考にしてください。

 

伸びている分野への転職

 

大きく変えたいと思っているなら、もう転職しかないですね。

ただ、今後成長が期待できる分野に転職しなければ、今自分が持っている不安はなくならないと思います。

 

工場勤務に将来性を感じていないなら、同じように将来が危うい分野へ転職しても、同じように不安を抱えることになってしまいます。

 

なので、今伸びている分野で言うと、例えば「IT業界」ですね。

IT業界は、経済産業省の調査によると、「2030年には約79万人もの人材が不足する」という試算が出されています。

つまり、それほどIT業界が成長し続けるということ。

 

ちなみに僕の場合、今後オンラインのプログラミングスクールに通い、IT業界への転職をするつもりです。

 

一生工場勤務で不安を抱えるなら、いっそ「IT業界」のような、今伸びている分野へ転職を考えてみましょう。

 

まとめ:不安があるなら行動しよう

まとめ

 

工場勤務を一生続けることのリスクと対策について、お話してきました。

 

結論として、工場勤務を一生続けるのは3つのリスクがあります。

  • 健康のリスク
  • 将来性のリスク
  • スキルが身につかない

 

この3つのリスクをできるだけ避けるためには、行動が大切。

  • 副業を始める
  • 伸びている分野への転職

上記の通り。

 

不安を抱えて変わらない毎日を過ごしているのは、さらに不安が増すだけです。

いきなり転職を考えるのはハードルが高いと思うので、まずは副業から始めてみましょう。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-仕事, 工場勤務

Copyright© hiratomiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.