仕事 工場勤務

工場勤務は飽きるって本当?【歴9年の僕が飽きる理由と対処法を解説】

悩んでいる人
工場勤務は飽きるって聞くけど実際はどうなの?

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 工場勤務が飽きるのは本当か?
  • 工場勤務が飽きる理由
  • 工場勤務に飽きたときの対処法

 

僕は工場勤務歴9年です。

「自分は人と接するのが得意じゃない。工場勤務なら単調な仕事で楽だろう。」

そう思って工場に勤めていました。

 

毎日同じ人に会って、同じことの繰り返しなので、「飽きたな。」と思うことは何度もありました。

もちろんそれが安定していて「楽だな。」と感じることもあります。

 

ただ、長い目で見ると、工場勤務をずっと続けていくのはどうなのか?という疑問はありますよね。

今回は「工場勤務が飽きるのは本当か?その理由と対処法」について、まとめました。

 

工場勤務が飽きるのは本当か?

工場勤務が飽きるのは本当か?

 

結論から言うと、工場勤務は基本的に単調作業なので、飽きます。

詳しく解説していきます。

 

単調作業の工場は飽きる

 

いわゆる工場勤務のイメージである、単調作業は飽きます。

例えば下記のような作業。

  • 弁当におかずを載せるだけ
  • 製品を袋詰めするだけ
  • 機械の不具合をチェックするだけ

上記のとおりです。

 

この作業が8時間続くと考えてください。

「正直飽きないほうが難しいのでは?」と思ってしまいます。

 

単調作業は楽でいいのでは?

確かにこういった作業なら楽に感じると思います。

感じ方は人それぞれですし、向き不向きもあります。

 

ただ、この作業を毎日何時間も、何年も続けることを想像したらどうでしょう?

全く飽きない、という人は多くないはずです。

 

次の章で工場勤務が飽きる理由を深堀りしていきます。

 

工場勤務が飽きる理由

工場勤務が飽きる理由

 

工場勤務が飽きる理由を3つまとめました。

  • 単調作業の繰り返し
  • 会う人が変わらない
  • 時間を浪費している

上記の3つです。

 

共通しているのは「変化がないこと。」

それぞれ解説していきます。

 

単調作業の繰り返し

 

先ほど述べたように、工場勤務は基本的に単調作業が多いです。

毎日ルーティンワークなので、やりがいが感じられないという人も多いはず。

 

例えば、営業や販売の仕事は、自分の成果がダイレクトに売り上げに反映するので、やりがいを感じやすいと思います。

しかし、工場勤務は毎日同じことの繰り返しで、モチベーションを保つのも苦労します。

僕も、ただ単調作業を繰り返していた時は、「あれ?今日って何曜日だっけ?」と一瞬、曜日がわからなくなるほど、変わらない毎日を過ごしていたこともあります。

 

仕事内容に変化を求める人にとっては、飽きてしまうと思います。

 

会う人が変わらない

 

工場勤務では、会う人が固定されています。

なので、嫌いな人とも、毎日顔を合わせて作業をしなければなりません。

 

販売の仕事のように、お客さんが出入りするわけでもなく、営業のように外回りに出ることも、基本的にはありません。

閉鎖された空間で、代り映えのない人たちとずっと作業を続けていくのです。

 

ただ、それが安定していいという人もいます。

初対面の人が苦手だったり、いつも顔を合わせている人がいるから安心する。

昔の僕はまさにそうでした。

 

しかし、何年、何十年と同じような人と会っていては、さすがに飽きてくるのではないでしょうか。

 

時間を浪費している

 

ここはかなり重要です。

工場勤務は単調作業なので、1日の時間は長く感じる人も多いはずです。

 

しかし、振り返ってみると、中身のない毎日。

残業して、家に帰ってご飯を食べて寝るだけ。その繰り返し。

 

1日は長く感じても、いざ過去を見れば、1年があっという間だった。という人も多いと思います。

 

実際に僕もそうでした。

体力を使う作業が多かったので、残業して帰った日にはクタクタ。ご飯とお風呂の後はすぐに布団にイン。そんな毎日でした。

 

ただお金のために、20代の価値ある若い時間を浪費していたな、と後から振り返って思いました。

工場勤務に飽きる、というより、単純に「時間を浪費してしまったな。」という後悔が大きいはずです。

 

工場勤務に飽きたときの対処法

工場勤務に飽きたときの対処法

 

工場勤務に飽きたときの対処法を紹介します。

 

辞めることを検討する

 

結論から言うと、工場勤務を辞めることを検討した方がいいです。

理由は、「工場勤務に飽きた」ということは、「変化を求めている」ということだからです。

 

工場勤務に変化を求めるのは難しいです。

マニュアル化された作業、変わらない仕事仲間、そのまま工場勤務を続けることは、モチベーションがなければ困難です。

 

僕は、作業内容に飽きたというわけではないですが、このまま工場勤務で時間を浪費しているのが、もったいないなと感じてしまいました。

なので、辞めることを決意し、スキルを身に付けるため、勉強することにしました。

 

もちろん今すぐ辞める、というのはリスクがあると思います。

なので、職場以外で会う人を変えてみたり、スキルを身に付けたり、自分に変化を起こしていくことが必要です。

 

工場勤務を辞めたいと思ったら、こちらもあわせてどうぞ。工場勤務を辞めたいと思ったら、やることは1つ【変化を起こす】

参考工場勤務を辞めたいなら、やることは1つ【変化を起こす】

続きを見る

スポンサーリンク

-仕事, 工場勤務

Copyright© hiratomiblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.